2016年11月27日

1982年製W123(300D):ライト関係


DSCN0764.JPG


 HEADLIGHTはHIDに交換済み。夜の高速や郊外の走行には効果が大きく安全性も高い。


DSCN0763.JPG


 LICENSE LAMPはLEDで視認性が高く、消費電力も少ない。


DSCN0769.JPG


 TRUNK内もLEDに交換済み。交換時は随分高価であったが、今は求めやすくなった。


DSCN0766.JPG


 SPEED METERは一番最初にLEDに交換した。ORIGINALでは経年的に反射板が熱で変形するため光量が

落ち、電球を新品に交換しても益々暗くなり危険である。



DSCN0768.JPG


 ROOM LAMPもLEDに交換。車内で読書も可能である。


DSCN0773.JPG

FSCN0776.JPG


 CONSOLE関係はORIGINAKのむぎ球を使用している。CASSETTE DECKは他の赤に合わせて、SONYのDECK

で色を統一。むぎ球はWATTを厳守しないと、SWITCHの樹脂を熱で溶解・変形する危険がある。新車当時でも

よく言われていた。





posted by TAKEUCHI at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177823333

この記事へのトラックバック