2016年11月18日

1982年製W123(300D):付属部品(BAG)



DSCN0746.JPG

 購入当時の付属部品BAG。緊急時の修理対応部品一式が含まれている。ONE OWNER車でもここまで揃っ

ている状態は見たことがない。通常は後部TRUNKに収納するようになっている。重いので、燃費を考えると

降ろせば良いのだが、TROUBLEに備えて積んで走っている。


DSCN0748.JPG

 中味はYANASE発行の全国ロード地図、BOOSTER CABLE、各種交換用電球とFUSE,タイヤ交換工具一式

とその時に使用する軍手が含まれている。



DSCN0752.JPG

DSCN0753.JPG


 HEADLIGHT、WINKER、LICENSE LIGHTおよび各種FUSEの予備が含まれている。




DSCN0754.JPG

DSCN0756.JPG


 MERCEDES-BENZとGERMANYの刻印がある。未使用。



DSCN0757.JPG


 当時のYANASE取り扱い車種がMERCEDES-BENZ以外にも多く存在した。
 




contactme-benz.png



posted by TAKEUCHI at 00:45| Comment(0) | 日記

2016年11月15日

1982年製W123(300D):メッキ部分



2016.10.30 5.JPG

 CORNER POLEは標準装備されていた。当時は真鍮にクロムメッキが施され、重みと光沢があ

り、今日の樹脂メッキとは色合いが異なる。痛めば再メッキが可能である。本当のECOである。


2016.10.30 7.JPG

 AIR INTAKE(WIPER GRILL) は新品樹脂(黒)をアルミの真空メッキをほどこしている。純正品より劣

化が少ない。


2016.11.3 1.JPG

 FRONT BUMPERのビス穴は、HEAD LIGHT WIPERへの注水NOZZLE取り付け穴で、使用しない場合は、

化粧ネジで伏せる。今日の温暖な日本では不要で、WIPERの管理も大変である。


IMG_2716.JPG


 TAIL LAMPのモールはGUM製から金属製(当時280E標準)に交換している。



contactme-benz.png











posted by TAKEUCHI at 22:19| Comment(0) | 日記

2016年11月14日

1982年製W123(300D)


2016.11.3 3.JPG

2016.10.30 2.JPG


 LICENCE PLATEは交換可能である。1982製がこの状態で維持できるはずが無い。塗装の劣化、変形や

錆びが生じればCLASSICでも簡単に再発行可能である。過去に一度再発行している。取り付け時には

STAINLESS NUTに交換しておく必用がある。安価なので、磨くよりも交換が早く楽である。

交付方法:http://www.meihen.e-osusume.com/number_lost.html


2016.10.30 4.JPG


 人気の“丸目”は当時、DIESELのみ採用され、余り人気が無かった。現在は独本国でも ”OCHSENAUGE

(牛の目)”と呼ばれ人気がある。




contactme-benz.png








posted by TAKEUCHI at 00:08| Comment(0) | 日記